« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2011年12月29日 (木)

PS VITAについて、その二

VITAを発売日に購入してもうすぐ1週間が経とうとしています。
そこで、今までに感じた事、気になった事をつらつら書いてみようと思います。

まずは、現在この書き込みはVITAから行っています。
PSPでやった時は行数制限がありましたが、VITAではどうでしょうか?まあ能力的に無いとは思いますけどね。
とにかく、VITAはソフトウェアキーボードがとても出来が良いです。
タッチ操作なんですが押しやすいですし、予測変換が素晴らしいです。
ここは手放しで褒めても良いところですね。
しかし相変わらずコピペは出来ません。なんか権利とかあるんでしょうかね?(^_^;)

さて、書き込みについてはこのくらいにして、次に、操作で戸惑った部分。
初め、一番最初の起動で引っ掛かりました。
PSPは電源ボタンをちょい押しでスタートですが、VITAは長押しでした。
起動しなくて最初ドキドキしたのは私だけでは無いはず!(と信じたい)
メニュー操作が全部タッチ操作だとは知ってましたが、思ったより快適で良かったです。
ソフトやアプリを同時に立ち上げ状態で確保しておけるのも楽で良いですね。
有機ELパネルも噂通りの美しさで大満足。何より文字の表示が美しいのは、活字中毒としては有難かったですね。

問題点としては、タッチが敏感過ぎる為、誤爆しやすい事ですね。
特にスクロールを使うブラウザやニコニコ動画アプリ。
スクロールする部分にリンクがあるとたちまち誤爆します。
ニコニコは酷すぎて、検索した動画を選ぶ事もままなりません。
これは、スクロールを背面に充てる事で防げると思うので、メールででも提案してみるつもりです。

(※ニコニコアプリは、2012年1月12日にアップデートがあり、上記に挙げた不具合はほとんどが解消されました。)

後、SCEが今回押していたnearですが、これのGPS測位がかなりストレスで、何度もやらないと成功しない上、多くの場合、全く測位しない有り様。
使ってみると面白いからこそ勿体ない所です。
これについては、モンスターレーダーを使うと、直ぐ測位出来て、それがnearにも反映されるとの話を聞いたので、元から興味はあった為購入してみました。

結果は劇的でした。
モンスター探索にした途端、既に測位は終わって地図が表示されたのです。
……。
このモンスターレーダー、元々SCEの直下のXレーダーのとこのアプリじゃないか!
何でこんな差が付いた?

取り敢えずそのままnearの測位も無事出来て、快適になりました。
でも、メデタシメデタシじゃないから! (>_<)
ウリのアプリなんだからちゃんとしようよ。

まだ色々有りますが、今日の所はこの辺で。
ともかく、使った感じは未来のゲーム機って感じですね。
基本性能が高過ぎるぐらい高い感じがします。
肝心のメーカー自身が扱い切れてない感じがなんとも言えませんね(^_^;)

※スクロールについて裏技が存在する事が判明しました。
LRボタンを両方深く押し込んだ状態でなら誤爆せずにスクロール出来るようです。
これは他の事にも応用出来るみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »