2010年11月 3日 (水)

ゴッドイーターバースト、ストーリークリア感想(ネタバレもあるよ!)

ゴッドイーターバーストストーリーを無事クリアしました!
前作無印のゴッドイーターから、難易度が高いと不評だった、やたら広い敵の当たり判定を狭め、おまけにNPCに指示出しまで出来るという、まさに至れり尽くせり、かなりプレイヤーに優しい作りになっていて、アクション苦手だよ!って人でもサクサク進める事が出来るようになりました。

しかし、いくら優しい仕様になったからといっても、そもそもヘタレプレイヤーの自分がこんな短期間でクリア出来たのは、前作を難易度10までやり込んでいて、続き(新作部分の難易度7)から遊んだので、新作部分のみをやった事と、フリーミッションをパスしてひたすらストーリーミッションだけをクリアした事、この二点のおかげでしょう。

追加部分のフリーミッション全くやって無いよ!ナイヨ!

とりあえず他所でネタバレ見てしまう前にストーリーだけはやってしまおうと頑張ったので、まるで強行軍のごとく消化しました(笑)

そうやって頑張ってクリアしたストーリー部分の感想ですが、とりあえずその前にラストバトルについて。
先にも述べたように、今回戦闘が簡単になったと言われていて、自分自身もそう感じていたので、つい、舐めてたんですね。
大体、元々NPCに頼り切りプレイのダメ隊長だった訳で、システム的に楽になったからって自分の腕が上がった訳じゃないんですよ!
そう、忘れてはいけないのです。それまでなんとかミッションをクリア出来て来たのは、「全て」隊員の力だった事を!

それなのに!……ラスト3戦をNPC一人とたった二人きりで頑張らなければならないとは!?
「無理無理無理無理!」と、DIOの如く叫びながらもどうにもならないので頑張りました。ええ、頑張りました・・・(;´Д`)ウウッ…

特にスサノオ戦。
うん、3回だったよ!え?何ってスサノオに見事破れ去った回数だ!!そう、ミッション失敗の回数。あんな狭い所でスサノオさんと戦えって、戦えって…そんな殺生なつД`)

それでも死人のごとく生気を枯らしながらも戦いを勝利し、まだまだおかわりあるよとばかりに、ウロヴォロス、黒ハンニバルとずっと二人切り。
もういい加減にしてくれええええ!!と叫びながらも、スサノオ以外は、それぞれ2リスポン、1リスポンしつつも1戦で終わってホッとしました。忍耐力が尽きかけたネ。

しかもラストバトルはもしや連戦!?アイテム無いです!?って思ってビビッたし。
それにしてもソロじゃなくてレンくんと、ラストバトルはリンドウさんがいてくれて本当に良かった。ソロでやれと言われてたら詰んでたね、絶対。
NPCのいないうちの主人公などヘタレの帝王!キングオブヘタレ!!地面にはいつくばって土を食らってるのがお似合いってもんですよ。

さて、堂々としたヘタレ宣言はとりあえずこれぐらいにして、内容についてですが、
さすがゴッドイーターは王道まっしぐら!
もうこっちが望む最も美しい予定調和へと突き進んでくれました。
さながら連綿と連なる一続きの旋律のように、王道展開全開で、感動の結末へと導いてくれます。

それを更に盛り上げるラストバトルの音楽は、謳い上げるような美しい旋律で気持ちを高めてくれました。
ほんと、音楽もさすがでした。

前作では空気と言われていた主人公ですが、バーストの追加分ストーリーでは正当進化を果たし、なんと熱血主人公してくれます。
いや、なんか既に暴走の域に突入している気も……(^^;)
引き継ぎの時に前編ストーリーの解説ナレーションが入るのですが、驚くべき事に主人公がしゃべってます。
40種類程ボイスがあるはずですが全部収録したんですね!感動しました。

ストーリーも熱い!
私自身がリンドウさんを助けたいという情熱を抱き続けていたため、思いっ切り主人公とシンクロしまして、最後は感きわまって泣きながらラストバトルをやりましたよ。

今回キーキャラクターとして登場するレンですが、凄く親密に優しくしてくれる為、性別不明ながらも惹かれていたのですが、PVで既に予想出来ていた通りの正体で、きっとうちの主人公にとっては初恋相手だったんだろうなぁと思うと……哀れなり。
きっとあの後ソーマと慰めあってんだろうな。あっちは月だけど生きてるだけマシか?いやいや比べるのが間違ってる気がするよ。不幸自慢か?(笑)
主人公にはとりあえずは自分の神機を大事にしてもらって。この先あの夫婦のお子さんを待てば良いと思う。
生まれるのが同性だったら残念だが。・゚・(ノ∀`)・゚・。

ところでレンの他人に対する評価
リンドウさん→「数も数えられないバカですけど」(例の「これじゃ4つか」の事かぁああ!)
主人公→「バカなのか天然なの分かりませんが…」(どうでもいいがこのシーンの時、もしやBADEND!?どこかで選択間違えた!?とか思ってしまった(^_^;)デモンペインのBADEND空間を思い出しちゃったよ)
こうしてみると、どうやらレンはバカが好きなようです。
良かったね!主人公よ!バカも一つの才能だ(笑)

レンの人格は群体である本性を表してか、フィールドでのボイスを聞くとかなり複雑に人格(?)が混ざってる事が分かります。
男女、正邪両方兼ねそろえている感じでした。

それにしても後日談であの夫婦が子供作るのがお預け状態なのは恐らくアラガミ化の影響を懸念しているんだろうな。まぁこういう言い方はなんだけど、ソーマの時の実例があるから対策出来なくは無いと思う。
なんてったって榊博士がいるし。
ところで博士、アナグラの機能を一部麻痺させて何作ってんですか!?
とりあえずレンが喜んでたから良いけどサ。
なんか主人公も普通に飲んでたし。
段々人間離れしていくが、大丈夫か?主人公。

システム面についてですが、バーストで改良、追加されたシステムはあまりにも沢山有り過ぎて全部を語る事は難しいですね。
今回特にユーザー的に嬉しくて特長的なのは、NPCの増援システムでした。
要するにNPCを任意に増やす事が出来るというものです。
公式追加のプレミアムキャラもとても嬉しかったですが、何より楽しそうなのがプレイヤーアバターの交換によるNPC化です。
一緒に遊んだ相手はもちろん、スリープ状態でのすれ違い交換も可能なので見知らぬ人のアバターとの出会いも有り得る訳です!おおおお、ドキドキするよ!
(地方にも関わらず既に一人ゲット出来ました!)

それに我が家にはPSPが複数台あり、ゴッドイーターバーストはアペンド版とDL版を購入してソフトも2つあり、もしかしなくても自キャラをNPC化出来るよ!
という事でメインとサブをお互いのNPCにしてみました!
本来出会う事のないはずの主人公ズが一緒に戦っているのはなんか嬉しいデス(^-^)正に親バカ状態(動画アップしてみました)

そうそう、今回は自キャラデザインも大幅に手が入っていました。
前回不評だった女性キャラのスタイルもどうやら改善されたようで、肩がちょっとなで肩に、腰が少しくびれてるように見えます。
加えて男女共にフェイスやボイスの大増量、服装や髪型も増えて目移りしまくり。
おかげでキャラ作成にたっぷり時間を掛けた人も多かったようです。
自分は前作からの引き継ぎキャラをメインに、バースト体験版のキャラをサブに決めていたのであまり迷いませんでした。
ただ、それぞれのボイスは変更したのでそれだけでかなりイメージが変わりました!
しかし、本当にここのスタッフは素晴らしいですね。
素敵なゲーム、そして物語をありがとうございました!<(_ _)>

男女主+雨宮姉弟共同戦線動画です↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

ゴッドイーターバースト体験版キタ!!

とうとうゴッドイーターバーストの発売まで一ヵ月を切りました!
初めて発売の事を知った時には冗談かと思ったものですが、情報が出る毎にそれがより良い物を提供したいというスタッフの情熱によるものであると理解するに至りました。
なにしろスタッフブログが熱過ぎる程熱い(笑)

そしてとうとう先日、10月1日!正しく不意打ちのように体験版が配布されました。
本来はストア配信待ちだったのでしょうが、プレイステーションストアの配信は手続きに時間が掛かるらしい事はスクエニのツイッターの報告などで知られていますので、どうやらファンの盛り上がる期待を受けて公式での配信を先行させたようです。
その辺りの雰囲気は同じくブログを読むと伺えます。

さて、前置きはこのぐらいにして、サクサク内容の話へと進むとしましょう。
ゴッドイーターバーストは、前作ゴッドイーターのブラッシュアップ版であり、続編ではありません。
但し、ストーリーにおいては無印の後の話が新たに作られ、色々と楽しみと不安を煽ってくれています(リンドウさぁああーん!)、それにPC(プレイヤーキャラ)と同じ素材で作られていたNPCに固有の姿と声が与えられよりくっきりと個性を出してくれています(前のキャラ好きだったのでちょっと辛いですが)。フィールドでのしゃべりも増え、声で状況を伝えてくれます。(弾切れ、アイテム切れ、救助に誰が行くか等)更に大まかな命令が出せるようになりました…ってこの辺はシステムの話になりますね。
とにかく変わった部分を挙げると切りが無いのでその辺りは各自体験版で確認してもらうとして(ストアでは10月中旬配信になるようです)、取り敢えず実際に遊んだ感想をば!
操作が快適に、くっきりと動作するようになっていました。あと、敵の攻撃の当たり判定の範囲が狭まり、威力が減衰しています。
おかげでまず一撃死は無くなりました。その上、前作ではイベントムービーにだけ登場していた「回復弾よ!」が実装されました!(笑)
そしてコンボの最後に捕喰を組み込んだコンボバーストにより、バースト状態の維持が楽に出来る為、ハイスピード戦闘を実現させてしまった訳です!

やり過ぎやろスタッフ(笑)

まるで実質2ですが、前作からまだ1年経って無いんだぜ?
しかも、前作持ちのファンの為に認証付きのアペンド版を2100円で提供するとか(笑)商売どうした!?大丈夫か?と、こっちが心配するぐらいのサービスっぷりなのでした。
という事で、実際のプレイ動画をアップしてみました。
序盤で出てくるアバターカードはゲーム中の記録がかなり詳細に記載されていて、アドホックでの協力プレイ時や、すれ違い通信で交換する事によって、その貰ったカードのキャラをNPCとしてミッションに一緒に行く事が出来ます。
相変わらずちと画質が悪いですが、とりあえず実際のゲームプレイを観て見ていただけると色々分かると思います。変わった部分を分かり易くする為にあえて混戦で戦っていますが、実際混戦がかなり楽しくなっています。
使用キャラは体験版からの引継ぎ用のセカンドキャラ女主のブルーベルです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

ゴッドイーター・サウンドトラック

買いました!ゴッドイーターのサントラ
実は発売の発表があった時点でアマゾンに予約してたんですけどね(笑)
ゴッドイーターは体験版の時から音楽が凄く良くて、サントラが欲しくて欲しくてたまりませんでした。
ゲームのサントラなんて買うのはゼノギアス以来ですよ!

届いたら早速WinのメディアプレイヤーでMP3に変換してPSPに!と思ったら、なんと曲名がまだ登録されていませんでした。
WOW!なんてこったい!
という事で、アマゾンの商品説明にタイトル一覧があったのをメモ帳にコピーして、それを1曲1曲手作業で貼り付けました…辛いお仕事だったよ(;つД`)
でも、綺麗に並んだ曲名を見るとちょっと嬉しかったですね。
それからCDアルバムの画像に配布壁紙を加工したのを貼って、そのままPSPへ。
通勤のお供でPSPでいつも音楽を聴いているので、本日はゴッドイーターのサントラを聴きながら通勤、退勤しました。

いや、凄い!なんというか体の芯が震えるような曲揃い!
どの曲も凄いし、感動しますね。
原曲とアレンジを収録しているんですが、原曲もゲーム内で聴くのと違い、音が1本1本立っている感じでグッと来ます!
あと、コウタ、アリサ、シオ、博士によるミニドラマもあって、これが本編と繋がっていて凄く良いです!
ちゃんと流れの中にある場面を再現してくれた感じです。
お茶を濁したミニドラマじゃない所に、スタッフのこの物語への思い入れを感じられて、ファンとしては嬉しい限りでした。
ドラマの後の後の方に(後ろ過ぎるやろ!)普通はあんまりやらないような曲の収録がありました。
公式サイトで楽譜を公開してるのですが、これを有効に使えという事ですね!(笑)
ここのスタッフって、なんというかサービスが良いのか、ファンに高いレベルを要求してるのか、どうも怪しいですね(ゲームのミッションの構成とかにも窺えますが)

それにしてもこの作品に巡り会えた自分の幸せをしみじみと噛み締めながら曲を聴いています。
本当に関係各位にありがとうと言いたいです。
私をゴッドイーターにしてくださって本当にありがとうございました!<(_ _)>
つきましては、リンドウ隊長とシオちゃんを返してくださ・・・ 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
きっと帰ってくるよ!そうさ、絶対!ヽ(`Д´)ノウワァァァン

上にあるのはOP曲が収録されたシングルCDです。
バックにあるのはゴッドイーター表紙の電撃プレイステーション。
一番下がサントラCDですね。

Ge

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

ゴッドイーター、ストーリークリア!(ドキッ!ネタバレだらけの感想文!)

本日、とうとうゴッドイーターのストーリーをクリアいたしました!ヽ(´ー`)ノ
最後の敵は楽だと聞いていたのですが、本当にこのアクションヘタレな自分でも1戦目でクリア出来たので、怖くナイヨ!
でもカッコイイ敵でしたね!デザインが綺麗だね!

さてさて、ストーリーの感想です。
最後泣きました。ええ、いや、ホントに王道中の王道なストーリー構成なんですが、うん、良かった!
なんか久々に良い物語のゲームを遊べましたよ。
アラガミと人が名付けた、究極の捕食細胞生物に侵食される世界。
その中で身を寄せ合うように暮らす人々と、それと戦える唯一の武器の適合者であるゴッドイーター達。
もうこの設定だけでご飯が何杯も食べれるぐらい好みの世界観ですが、これにまたキャラクターが素晴らしい!
どのキャラも端役とも言えるモブキャラですら、個性付けがしてあり、一筋縄ではいかない魅力に満ちています。

例えばカノンという少女は普段はオドオドとした小心っぽい性格なのですが、戦闘に出た途端に性格が一変します。
このパターンは戦場ものでは良く見る設定ですが、これを可愛い女性がやらかす所に何か痺れるものを感じます。
まぁ、実際に一緒に戦場に出ると痺れる所かふっとばされますけどね!何度も!
味方の中の敵!カノンは俺を狙い撃つ!
と、いう事で、彼女は同僚に普段からさんざん注意されていて、それを主人公に愚痴として零すのですが、「それは仕方ないね!」と、言ってやりたい気持ちに(笑)
ともあれ、この愚痴の意味が戦場でのモブのセリフでとして明確になっていく訳です。
でも彼女はバーサーカー(狂戦士)らしく(笑)ダメージソースとしての能力が高いので、大きなダメージが欲しい時はつい連れて行くんです。
なんか位置取りがいつも俺の背後なのはわざとなのか!?そうなのか!?
と、うちの主人公が慄いていそう(笑)

他にもタツミさんとか、初対面はいつもミッションを案内してくれるヒバリちゃんを口説こうとしているナンパ男っぽい感じで始まる訳ですが、これが中々良い男で、アーク計画にみんなが迷ってる時に、「俺は船に酔うから乗らないよ」とか軽くいっちゃうんですよ!
しかもそのくせ、「乗らないのか?逃げるのは恥ずかしい事じゃないんだぜ?」(セリフはうろ覚え)とか主人公の心配をしてくれたり!
こんなムービー部分じゃないセリフだけぐっと来るなんて、どんだけ作りこんでるんだ!

モブキャラの話で盛り上がってしまいましたが、メインキャラはそれこそみんな魅力的です。

とにかくリンドウさん!彼に始まり彼に終わる物語でした。
ソーマを彼曰く、「あんなに優しい奴を他に知らない」と言って主人公に託したり、アリサに、混乱した時には空を見て動物の形の雲を探せとか言ったり。
彼の言葉こそがこの物語を導いて来た訳です。
帰って来ないかなぁ…生きてるんじゃないかなぁ、とご都合主義でも良いから思ってしまう。
彼が大好きでしたね。
とにかく飄々としながら温かい。カッコイイ隊長でした。
隊長!また一緒に出撃しましょうよ!帰ってきてください。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
サクヤさん、ソーマ、アリサ、コウタそしてシオ。
愛すべき仲間達はみんな素晴らしかったです。
支部長も博士も感動した!
人類を救おうと、方法はどうであれ一番最良と思える道を探る為に全てを捧げた人達。
そして、深い愛情。
ソーマがあんなにツンデレなのは両親がそもそも愛情深い人達だったからでしょうね。

で、プレイヤーキャラである主人公なんですが、よく空気な主人公と言われてます。
この話はソーマが主役であり、主人公はただの観察者である。という訳です。
しかし、これはおそらく主人公がしゃべらず、はっきりとした態度を見せないところからの誤解だと思われます。
プレイヤー操作キャラというのはプレイヤーの分身であり、マルチを主眼としたこのゲームではキャラクリエイトが出来るのと引き換えに、個性的な表現の自由を失っているので、ある程度没個性は仕方ないのですけどね。
それでも一応ストーリームービー中に登場するのですから、十分物語に参加している訳ですが、それとは別に物語の中心としてどうなのか?という所をちょっと検証してみます。

主人公はごく普通の、この時代にはありふれた、職にありつけなかった若者です。
それが新型の適正に合致したばかりにゴッドイーターになる訳です。
その流れの中で、主人公は冒頭にリンドウさんからソーマとアリサを託されます。
そしてその言葉のままに、彼はアリサとソーマを救っていくのです。
アリサは実際にそのシーンがあるので分かり易いのですが、ソーマはどこで救われているかというと、実は最初から最後まで、ソーマの傍に居たのは仲間の内では主人公だけなのですよ。
リンドウさんは元より、コウタもサクヤもアリサも途中でいなくなる中、主人公だけはソーマと共に出撃し、無事に帰還します。
シオとソーマが人を拒絶して異質な者同士の悲しい小さいな殻に閉じこもる事が無かったのは、明らかに主人公がいたからなのです。

という事で、実は主人公は十分主人公している訳です。
てか自分の主人公が大好きなんで、空気とか言われると猛然と抗議したくなってしまうだけなのですが(笑)

ストーリークリアは109時間ちょっとでした(内30時間程度体験版)
今までこんなに長く遊んだゲームがあったかなぁ。
しかもストーリークリアしてもまだ終わってないんですよ?
難易度6でストーリークリアで、最後は難易度10なのだそうです。
うわぁ(;´∀`)でも止まらない、かもしれん。

セーブデータの写真撮ったんですが、ついさっきセクメトやっちゃったから少し時間増えてる(笑)

Sn360048

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

ゴッドイーター、終盤に向けて頑張ってます!

難易度6は厳しいミッションが続き、ジリジリ先へと進んでいます。
難しいと評判の、帝王の骨ミッション。
ハガンコンゴウ+ディアウス・ピターとお供のザイゴート2体のミッションです。
でもテスカ+コンゴウのミッションより精神的には楽でした。
寺は狭いので中々分断出来ずに苦労しました。
ザイゴートを待ち伏せ攻撃するのはちょっと辻斬り気分(^^;)で楽しかったです。
当然すんなりはクリア出来ず、5、6回やってやっとクリアしました。

という事で、大乱闘となったお堂での一戦をばアップしてみました(笑)
負け動画ばっかり上げてるな(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

ゴッドイーター ストーリーラストスパート!(ネタバレあり)

アクションが下手くそな癖にアクションゲームが好きという、少々悲しいゲーマーな自分ですが、苦しみを乗り越えてやっと難易度6に辿り着きました。
辛かった、ブラックアリゲーター、ビルグリム、野獣の黄昏、現在迄で本当に苦しんだミッションがこの3つです。
このミッションはどうしても勝てなくて、勝つためにそれぞれ武器を一新しました。
素材マラソンをやったよ!
しかし、現在の難易度6はほぼ全てがとんでもなく苦しいという有様!!
ストーリーは難易度6で完結するので、とにかくエンディングを観るまではなんとか自力クリアをしたいのです。
ああ、サルと禁戦車が分断出来ない…うええええん><(現在地底の狼煙を攻略中らしい)

さて、辛い辛いといいつつ、毎日2時間程度遊んでるのですが、ゲームとしてどうなの?と言われると、かなりバランスを繊細に考えているゲームだな、と思います。
他のアクションゲームは基本ソロの場合はソロでしかなく、本人が下手ならもうどうしようもない壁があります。
しかし、このゲームは持ち込み制限付きとはいえ補助アイテムが充実していて、更にスキルでかなり広範囲なサポートが可能です。
NPCも基本的に賢く、その上スキルでその能力を上昇させる事すら出来る訳です。
このNPC達、普段は敵の攻撃を上手に避けて、あまりダメージを食らわないように立ち回るのですが、プレイヤーが倒れるといきなりなりふり構わず助けようとして自身の安全を省みなくなり、プレイヤーは動けない状態でみんなが自分の為にバタバタ倒れる所を見せ付けられる訳です。
そんなの見せ付けられると彼等の為にも腕を上げなければ!とか思ってしまったりもしますし(笑)
また、このゲームの最大の特徴であるとも言えるバレット編集ですが。
これは弾丸(やレーザー)の軌道や性能を自分でデザイン出来るという画期的なシステムです。
練り込む時間が無かったのか少々不親切ではありますが、色々面白い弾を作れます。
なにやらプレイヤー間では、内臓破壊弾とか脳天破壊弾とかのデザインが強力なものとして広まっているようですが、個人的には自分で考えて作る方が楽しいので他人のは極力見ないようにしています(笑)ヘタレなのに!
自分で作って上手く出来た時は凄く嬉しいですね!
あんまり凝るとお金掛かって大変ですが、下位ミッションへ行ってみると驚く程簡単になっていて、びっくりするので、お金や素材稼ぎのマラソンもそれなり楽しいかも。

という事で、テスカトリポカの2戦目の動画をアップしてみました。
この時は結局惨敗しましたが、3戦目で無事撃破しました!
どう見てもNPCの足をプレイヤーが引っ張ってますね!
アリサ「足を引っ張らないでください」
うう、分かってるよ。ごめんね、頼りない隊長で。
一応少々参考になる部分もあるかと思いアップしてみました。
同じように、苦しみながらもストーリーを観る為に頑張ってる人がいれば、良かったら参考にしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

ゴッドイーター製品版途中経過での感想(ストーリーネタバレなし)

待ちに待っていたゴッドイーターが発売され、どうせ夜まで遊べないのに朝の7時に買うという熱中バカっぷりを余すことなく発揮して購入しました。
現在難易度4をぼちぼち進め中です。

さて、体験版を30時間以上遊んで、そのデータをインポートする訳ですが、これで体験版とお別れと思うと何か感慨深いものがあります。
最後にヴァジュラソロをクリア出来たのは良い思い出(虎剣で、ですが…)
まずは予約特典のスサノオミッションをDLしておきます。
今後のDL追加ミッションの為でもありますので、ミッションパックをプレイステーションストアからDL、その後、予約特典のプロダクトコードをストアに入力、スサノオ解除キーをDLという流れで予約特典のスサノオミッションを取得出来ます。
既にDLミッションとしてダンシングオウガというオウガだらけのミッションが配布開始されているので、それも一緒にダウンロードされました。

どっちもやたら敵が強いという評判だったので、とりあえずストーリーを先にやろうと思い、UMDを入れてゲームを開始。
オープニングアニメーションがもの凄く良い!です!!
音楽もアニメーションとしての出来も凄い!既にここでちょっと感動してしまっています(笑)
体験版からキャラをインポート。
とりあえず男主人公だけ移動します(女主人公も作っています)
ストーリームービーに自分のキャラが出てきます!
体験版では製作側が用意したキャラが出ていた部分に自キャラが出ると何か不思議というか、気恥ずかしいというか、嬉しいみたいな気持ちになりました。
なんかもう、親のような気分(笑)
ゲーム中の画像が体験版よりかなり綺麗になっていました!キャラみんな目が綺麗ですね。
特に最初お世話になるからか、体験版でずっと一緒に戦ったからかリンドウさんの目が凄く綺麗な事に感動しました。
若草色というか、柔らかい緑色です。
ツバキさんと姉弟共に目の色が一緒で、お~っという感じです(何が?)
製品版ではフェンリル極東支部、通称アナグラに沢山のゴッドイーター達がいて、それぞれ個性が強く出ていて楽しいです。
後々一緒に戦ったり出来るので、それぞれのキャラの性格とか把握しておくと良いでしょう。
カノンさん、アナグラではあんなに丁寧で礼儀正しかったのに、ミッションに連れて行くと…これ以上は自分の口からは!><
さてさて、よわよわプレイヤーにも関わらず、NPCのおかげで無事ミッションをクリアして難易度4まで順調にやってきました。
うん、凄い倒れまくったけどね、ありがとうみんな。
メールもありがとう!
ストーリーもなんか良いですね、主人公男にしておいて良かったな、主人公はPCの製作キャラなのでしゃべらない為、どうしてもストーリー部分では空気になりがちですが、なかなか良い感じに話に絡んできます。
良いっすね!良いですよ!こういう展開!!
いやいや、一方の方は全然良くないんですが、なんか色々心配ですが、どうなんでしょう?まだ何もそこらは分からないので、ネタバレもへったくれもないですが、うん、まだ分からないですね、何も。

と、ストーリーも進んでミッションも厳しくなって来た所で、一度スサノオミッションをやってみる事にしました。
情報もほとんど入れておらず、初見でNPC連れて参戦です!
結果は当然ながら惨敗しました!(笑)
うちのNPCは主人公のカリスマスキルがあるのでちょっと賢いので、かなり頑張っていますが、プレイヤーはお話にならないレベルです。
俺いない方が勝てた?みたいな感じ。
とりあえずNPCがシャコーンと盾を構えたら自分も構えようぜ!という。

一部分だけ動画でアップしてみました。
NPCの戦い方は参考になると思われます(笑)しかし、スサノオ、どうなってるの?これ。強すぎるっしょ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

いよいよゴッドイーター発売!!

とうとう待ちに待ったこの日がやってきましたよ!!
朝の7時に711に予約してたソフトを貰いに行ってから会社に出勤。
仕事中も気になって気になって仕方ないよ!
早く帰って遊びたいぜ!
予約特典ちゃんと付いてたよ、セロテープで(笑)

今朝はなんか興奮してか何度も目が覚めて(2時とか3時とか)とりあえず5時過ぎに起きてずっと挑戦してるヴァジュラソロを頑張る事にしました。
今までずっとクロヅカでやって来たんだけど、なかなか勝てないし、とりあえず勝つ為に虎剣を使ってみる事に。
うん、2死したけどやっと勝てた!虎剣強いね、流石に。
でもロング使いとしては複雑な気持ちだ。
もう製品版に行くのでとうとうクロヅカで勝てないままになるのか。でも最後にソロで倒せて良かったです。
てかスタングレネード使ってなかった(笑)
ヴァジュラは1度手順を間違えて攻撃を受けるとハメて攻撃を重ねて来るのが嫌らしいよね。
いや、ちゃんと相手の出方を見てから動けば良いだけなんだけど…(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

ゴッドイーター発売まで2週間を切りました!

色々な情報が次々と発表され、ワクワクが止まらないゴッドイーターですが、いよいよ足音が近付いて来ました!!
ゴッドイーター!ゴッドイーター!!
初回特典のスサノオミッションですが、謎に包まれていたその姿もついに電撃オンラインさんにスクリーンショットが登場!
おおおおお!!!デカイ馬みたいですね!しかしデカスギル!
公式でも、姿だけが確認されていた戦車タイプのアラガミ、クアドリガのプレイ動画がアップされ、昔ネトゲで遊んだ海外プレイヤーさんじゃないですが、WOW!WOW!と叫びたい気分です。
なので、その気持ちを表現するべく、以前よりちょっとだけプレイヤースキルの上がった体験版の自プレイ動画をアップしてみました(笑)
シユウさんにタイマン勝負を挑んでみました!
ヘタレらしく2死しましたが、辛くも辛勝という感じ。
まだヴァジュラはソロでは倒せません。
ええ、いつもお世話になっていますよ、ゴッドイーターの先輩達(NPC)!
あと、アドホックパーティというPS3を介したネット経由のアドホックを利用して、遠くの見知らぬ、しかし同じ新米ゴッドイーター達と遊んでいます。
でも、みんな全然上手いんですが!?ガーン!

そんな自分の体験版プレイ時間は約26時間。
今まで体験版でこんな長時間遊んだ事はないなぁ…うん。
プレイ動画内ではクロヅカという武器を使っていますが、これはゴッドイーターの3種ある分類のロングという武器です。
あとはバスターとショートという種類があります。
実は体験版で作れる武器の各種類で最強の物で比べると、ロングは最弱です。
でも、ロングの動きが好きなので、ついついロングを使ってしまうのです。
虎剣も獣剣も作ってるんですけどね(^^;)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ゴッドイーター体験版感想

先日、ファミ通の独占先行配布でゴッドイーターという作品の体験版が配布されました。
発表された時からかなり期待していた作品がこのゴッドイーターです。
なので、この体験版はかなり楽しみにしていて、仕事から帰ってすぐに落としました。
て、なかなかサイト自体に繋がらなかったんですけどね(><)
ファミ通さん、鯖が重いっすよ!
まぁなんとか落としてファンタシースターP2の体験版の入った16Gのメモステへ。
実は、このメモステ、ファンタP2の為に買ったものなのです。いや、どうでもいいでしょうが(笑)

さて、余談はともかく、ゴッドイーターです。
まず、オープニングが長い長い(笑)PVとして出てた動画をそのまま全部流したよ、これが!いや、スキップ出来ますよ、もちろん。
そしてゲーム開始。
キャラクリはちょっと種類が少ないのですが、まぁこんなもんでしょう。ファンタと同じレベルを望むのは無茶というものです。
キャラを作ったらいよいよストーリー開始。
最初の話がまた長いぜ!
この辺りで段々疲れてきたのですが、そのままチュートリアルへ。
なげえよ!チュートリアルも!
とりあえず、初回プレイの感想はなんかインターフェイスの使い辛いSFっぽいモンハンというものでした。
なんか期待倒れ?みたいな感じ。
そもそも私はモンハン苦手で途中リタイアした人、これは駄目かもしれん、と思ったのですが、なんとなくキャラや世界観が好みだったので、ついつい遊んでしまい、遊び続ける内にすっかりハマってしまいました(笑)

何がツボにハマったかというと、とにかく展開が速い事。
敵が強い事。
そして一番これがキタ(笑)のが、戦闘不能に陥る度に仲間が命を分けて助けてくれる事です。
このゲームのAIはもの凄く優秀で、強いは、自主行動取るは、PCが倒れたらダダーっと駆けて来て優しくポンポンと叩いてリンクエイドで命を分けてくれます。
なんかこれがグッと来まして。彼等に惚れてしまいました。
みんな優しいな(;;)
このリンクエイド文字通り体力を分けるので、NPCはPCキャラを助けると即、薬服用で回復するのですが、これが逆になると大変(笑)
NPCが戦闘不能になりまくった戦いがありまして、自分がいつものお返しとばかりに彼等をリンクエイドで復活させる訳ですが、うっかり体力減った状態でやるとたちまち体力が限界に!(笑)うはぁ。
という事で、全体的に今一な部分を沢山残したゲームなのですが、何か不思議な魅力があり、遊んでて楽しかったです。あと、忘れてならないのが音楽!音楽サイコーです!

倒れまくりの誰の参考にもならないプレイ動画をアップしてみました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)